プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~
肉食系既婚者

肉食系既婚者

近頃、草食系男子と肉食系女子と言う言葉をよく目にする。

何でも草食系男子とは提唱者によると
「恋愛やセックスにガツガツせず、女友だちと普通に接することができ、
割り勘が基本。女性の人間性を重視する」
というものらしい。
さらにその出現要因として専門家は
「バブル崩壊後、長引く不況で女性に貢ぐだけのお金を持てなくなった」
「リストラを目の当たりにし、受験や就職に対する競争意識が薄くなった」
「居心地の良さを求めたり、相手の気持ちを思いやったりする男性が増えた」
と背景を分析する。

OYAJIの年代から見ると、一見して“そんなものなのかなあ”と納得しそうだが、
よくよく読んでみると、どこかが変だ。

まず恋愛を求めるのは「人類の本能」
セックスにガツガツするのは「オスの本能」それって正常なのだ。
だからガツガツしながらも「女友だちと普通に接することができる」のが
本当の理性・良識ある大人の男ではないか。

「割り勘が基本」は男女有り方を論じる観点から意味不明。
そして「女性の人間性を重視する」とは紛れもなく詭弁。

相手の人間性の重視は、ガツガツ型だろうが割り勘型だろうが関係なく、
そもそもそういう価値観を持ち合わせているかどうかの問題。
本当に女性の人間性を重視するのなら、相手の希望、要望、欲望を推し量るべき。

出現要因については尚更だ。

好況・不況に関係なく、女性にお金を使いたいかどうかの価値観の問題。
女性にお金を使う根本は、相手を喜ばせたい、嬉しい顔が見たいということ。
それを放棄し、ゲームやパソコンには使っていたりする。
さらに、リストラを目の当たりにしたのなら、その本質が理解できるはず。
会社にとって必要な人材として生き残り勝ち抜かねば後は無い、という競争社会の基本である。
競争意識が薄くなったのではなく、逃げたいやつが増えただけの話。

OYAJIから見る草食系男子とはつまり、

本能的に「性が弱く」、女性に「恥ずかしい思い」「嫌われたくない弱さ」から、
アタックすることに封印をし、あたかもそれが「優しさ」や「理解」であるかのように自己納得。
さらに、競争したくない(すると努力を強いられるから面倒)という弱腰な逃げの姿勢で、
自分用に投資しても、女性に贈り物やケーキひとつご馳走する気はなく、相手の喜ぶ顔を見ることに
幸せ感を感じない。

よって「居心地の良さを求めたり、相手の気持ちを思いやったりする男性が増えた」とは笑止千万。

女性はそんな男性に「居心地の良さ」なんか感じないし、本当の優しさや理解を感じたりはしないはずである。
そんな男達の不甲斐なさに女性が「苛立ってる」のが、肉食系女子と呼ばれているだけの
話ではないか。

と今回は、100%完全肉食系(食べ放題希望)のOYAJIの若者への苦言でした。

※不倫をしている既婚者達は間違いなく男女とも肉食系です.... だからSEXは......
 言葉では表現できません。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41176)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36776)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29909)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28409)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16214)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。