プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

ニュースに見る夫婦関係

ニュースに見る夫婦関係

ニュースに見る夫婦関係

【上原さくら"トモダチ離婚"の真相は......?】

残念ながらOYAJIは、上原さくらというタレントをよく知らないのだが
(マーブルチョコの上原ゆかりなら知っている)、
このニュースには色々と感じることがあったので、敢えて題材として取り上げてみた。

①アパレルメーカー社長とタレント
昔から○○の社長(ないし御曹司)とタレント、女優の結婚は定番だが、
離婚せず、うまくやっているところは滅多にない。
結局、地位、ステータス、金、暮らしはあくまで外面的なものであり、
もっと言えば武装したもの。
本人の本質(人間性や元々の生業、お里)が重要であり、
男女とも華やかな生活だけのイメージでの結びつきは脆いのだ。
「どんな人なの?」と聞かれ外面的要素以外の答えが返ってこない人は
中身が薄い場合が多い。

さらに、男性側の浮気問題が多いのも、トップに多い従来の攻撃型の生き方に加え、
残念ながら奥さんの「嫁・女として、他になびかないほどの魅力」の不足も影響あるだろう。

②友達感覚
これについては、以前日記http://www.p-furin.jp/dia/dia353.phpにも
書いたのだが、人生を共にし家族・家庭を築く間柄に「友達感覚」はありえない。
もし、そういう感じで結婚したいなら、事実婚でいい(福島大臣喜ぶよ)

③夫の事件
知り合いの結婚パーティでカメラマンに暴行。
背景やその理由によっては、旦那の怒りも理解できないことはないが、
公の場(大勢の人前で)、しかも自分の嫁の目の前で、他人に暴力はいけない。
酒を飲んで云々もあろうが、大衆の面前では、「大人の男の行動」さらに
妻子の前では「良識ある一家の主」の行動を求められる。
自分の感情だけで周りを見ずに突っ走るのは「子ども」と一緒。(亀田父と一緒)


④嫁さんの潔癖症
上原さくらはテレビや番組で面白おかしく話しているらしいが、
ハッキリ言って、そういう自分の普通でないところをネタに笑いを取るのは
最低である。最近この手は多いのだが、ディレクターやプロデューサーはよくよく冷静に考えてほしい。
「おバカ」や「変わりもの」が有名になり活躍できるのが、見ている子供達にどういう
影響を与えるものか。 そして、潔癖症...精神的な病気である。

⑤セックスレス 妊娠を機に入籍したが、その数週間後流産し、別々の寝室。
流産経験の女性は実は多い。体よりも心身的なショックが多く残る。
それをフォローしてあげるのが、旦那の役割なのだ。
一般にも妊娠を機に入籍、その後セックスレスは、よくあるパターン。
それは、セックスを自己満足の単なる行為としてしか考えてないから。
もっと心の通じ合うメンタルなものだと解らないままなのだろう。

今回の離婚は、OYAJIには全くどうでもいいことなのだが、
現代の男女や夫婦が抱える大きな問題が、随所に隠されているような気がして
敢えて取り上げてみた。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41301)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36882)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30016)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28539)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16298)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。